左官材料の店 高商−漆喰・珪藻土・聚楽・モルタル・左官道具−

タフレベラーG+(プラス) (宇部興産)

3,450円(税込3,795円)

購入数
送料
こちらの商品は以下の配送料金が適用されます。
重量物配送(重量物・長尺物/1個口当たり¥600円〜)
※詳しい送料はこちらをご確認ください。「配送・送料について
※ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。「お問い合わせ

※20袋以上の場合、メーカー直送などで下記送料以下の送料価格でお届けできる場合がございますので、メニュー欄のお問い合わせより、是非一度お見積のお問い合わせをお願い致します。(2営業日以内に返信致します。)

商品情報
高強度・超速硬型セメント系セルフレベリング材

特徴
・強度(表面硬度)発現性
高強度(圧縮強度42N/m屐法耐摩耗性の向上により、耐荷重床下地への適用が可能になりました。

・速硬性、速乾性
UBE速硬型SL材のラインナップの中でも最も速硬・速乾であり、標準期において施工後2時間での軽歩行、翌日仕上げ材施工が可能です。

・寸法安定性
セメント系材料の所定水量範囲での混練により安定した無収縮性を維持し、構造物間の荷重伝達を行います。

・適用仕上げ材の多様化
塗り床材、張物など多種仕上げ材への適用が可能です。※素地仕上げの場合は使用方法をご確認ください。

・耐久性向上
従来のタフレベラーGに比べて、表面強度の耐久性が一段と向上しました。

用途
・工場、倉庫、駐車場、病院オペ室など重量物が作用する床下地工事
・店舗などの緊急床下工事
・塗り床仕上げの床下地工事
・新築、改築の床下工事全般
・駐輪場などの素地仕上げ工事
※タフレベラーGプラスは屋内使用専用です。

仕様
25kg紙袋(ポリ内袋)
混練水量:5.5ℓ/袋
施工面積の目安:約0.7屐20亳)、約1.5屐10亳)

専用プライマーUプライマーG

施工厚
7〜50
※平均厚み7侈にではドライアウト・不陸になり易いので避けてください。

養生期間の目安
軽歩行時間:2時間(20℃以上)、4時間(10〜20℃)、6時間(5〜10℃)、施工不適当(5℃以下)
張物施工:6時間(20℃以上)、12時間(10〜20℃)、18時間(5〜10℃)、施工不適当(5℃以下)
塗り床施工:24時間以降(5〜20℃以上)、施工不適当(5℃以下)
素地使用:72時間以降(5〜20℃以上)、施工不適当(5℃以下)
※施工厚10mm、湿度RH65%の場合

施工方法
_蔀禄萢
作業に入る前に、以下の点に充分注意し調整して下さい。
・雨打たれ等のコンクリート表面の脆弱部分は、取り除いて下さい。
・改修工事で張物に接着剤が残っている場合は、取り除いて下さい。
・床面に油などのシミがある場合には、削り取って下さい。
・壁との境界部や、下地に隙間がある場合には、モルタル等で漏れ止めを行って下さい。

▲廛薀ぅ沺悉萢
・床面全体を、掃除機などで充分に清掃し、ホコリを取除いてください。
・原則として施工前日に、UプライマーGの希釈液をデッキブラシ・ハケ等で擦り込むように所定量(下記参照)を充分塗布して下さい。※プライマー処理には専用のUプライマーGを必ずご使用ください。
・雨打たれなど下地への吸水が大きく、気泡発生の多い下地については、プライマーを2回塗布して下さい。
・プライマーが乾燥している事を確認後、タフレベラーGプラスの流し込みを行って下さい。

混練り(袋物)
・混練り水量は、水道水5.5Lを厳守して下さい。
・混練りには、高速回転のハンドミキサー(600回転/分以上)またはSL専用ミキサーを使用して下さい。
・混練りは、所定のミキサーで必ず3分間攪拌して下さい。

のし込み
・墨やアタリを目印に、均等に流し込んで下さい。
・流し込み後。速やかにトンボまたは土間専用鏝で均して下さい。
・速硬タイプで閉塞の危険性があるため、長時間のポンプ圧送中断の回避、施工終了後の早期片付けに留意して下さい。

ネ楡検β任膳僂・補修
・打ち継ぎは15分以内に行って下さい。
・硬化するまでは、窓を閉め、急激な乾燥を避けて下さい。
・速硬タイプでの為、軽歩行可能時間直後に打ち継ぎ部の処理を行って下さい。※1時間以降は硬化が進行し、補修が困難になります。
・硬化後は窓を開け乾燥させて下さい。
・仕上材の施工に際しては、乾燥状況を充分に確認して下さい。

α巴六転紊箸靴道藩僂垢訃豺腓涼躇
・構造的な目地や、下地クラックには追従する可能性があります。
・気泡跡や色ムラおよび表層のヘアクラックは避けられません。

Г修梁
・屋外や常時水のかかる箇所は施工できません。
・プライマーの塗布やSL材の施工は、気温5℃以下では行わないで下さい。プライマー塗布からSL材の硬化までに気温が5℃以下になると考えられる場合は、適切な採暖を行って下さい。
・塗り床の施工は、塗り床ハンドブック(日本塗り床工業会)に従って実施して下さい。特にSL材表面の目粗し(サンドペーパー等)、塗り床用のプライマーの塗布は必ず行って下さい。
・塗り床材特殊仕様(塗厚大、下地条件有など)の適用可否、特殊な下地、用途なごご不明な点については、お問い合わせ下さい。
・素地仕上げ材として使用される場合はメーカーにご相談ください。

塗り床材の適否
適合している塗床材
塗布型
合成樹脂系(エポキシ系、ウレタン系、メタクリル系、ポリエステル系、ビニルエステル系、アクリル系)
ポリマーセメント系

浸透型(表面強化剤)
特殊シリカ系
珪フッ化系
エポキシ樹脂系

不適合な塗床材
一体型
セメント系(撒き床)
ポリマーセメント系(散布型)

各種資料
カタログ

おすすめ商品